キャプティブ保険とは

キャプティブ保険とは、企業経営者にリスク管理の主導権とより多くの選択肢、そしてレバレッジを与えてくれる仕組みです。国内の企業向け保険商品は、多様性や柔軟性などに多くの制限があります。海外のキャプティブ保険制度を利用することで、より自由度の高い保険プログラム導入が可能になります。

 

キャプティブ保険プログラムでは、キャプティブ制度やの整っている海外の特定の地域に保険子会社(キャプティブ保険会社)を設立します。この保険会社が、自社リスクの保有、海外保険の調達、損害データの蓄積やフィードバックなどを行い、本業のリスク管理業務をサポートします。

本業への貢献

キャプティブ保険会社は、お客様のビジネスに様々な形で貢献します。

1. 保険プログラムの改善
2. 収益の向上
3. キャッシュフローの向上
4. リスク管理意識の向上
5. 関連保険ビジネスによる付加価値の提供

活用の事例

地震保険(製造メーカー)

数百億円の工場や倉庫などの設備を所有しているが、国内の保険会社からは十分な規模の地震保険が調達できず、また値段も非常に高価で購入できずにいました。この製造メーカーの工場の多くは中部地方に集中しており、南海トラフ巨大地震への備えを重要な経営課題ととらえていました。この製造メーカーはキャプティブ保険会社を設立し、国内では入手できなかった災害時利益保証付きの地震保険を、海外から約1/3のコストで調達することに成功しました。

延長保証サービス(小売業)

消費者向け電化製品を店舗販売する企業が、お客様への付加価値サービスとして製品の延長保証サービスを提供しています。延長保証プログラムは利益率の高いプログラムであり、本業の小売業とのシナジーで売り上げに貢献しています。また補償クレームデータの蓄積と分析を行い、サービスの効率化と改善に貢献しています。

ご相談・お問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームをご利用ください。


経営者の皆様へ

企業が長期にわたり安定した成長を続けるには、適切なリスク管理が不可欠です。しかし残念ながら日本企業の多くは、未だに保険会社と保険代理店にリスクの管理を丸投げしているのが現状です。キャプティブ保険は、経営者が自社のリスクを主体的に管理・改善していくために必須のマネジメントツールです。

詳細はこちらをご覧ください
アドバイザーの皆様へ

グローバル化が進む今、キャプティブ保険に関する知識はクライアントに付加価値を提供するうえで重要なトピックになりつつあります。中堅および大手クライアント企業の担当者であれば、キャプティブ保険についての正しい知識と専門家リソースは欠かせません。

詳細はこちらをご覧ください
アラカイが選ばれる理由

アラカイは、米国ハワイ州で日本企業を専門に扱うキャプティブマネジメント会社です。日本企業のキャプティブ導入と、リスクマネジメントの高度化を命題にサービスを提供しています。

詳細はこちらをご覧ください